過払い金請求という言葉をTVCMなどで頻繁に耳にしますが、これはどういったものなのでしょう。これは、貸金業者から借入をしている人に関係があるものなのです。過去に借入れしたことがある人は、まずは弁護士の無料相談で、過払い金請求ができるかどうかを確認してもらう必要があります。

そもそも過払い金とは、その名の通り払い過ぎたお金のことです。元々、利息を定めた法律には出資法と、利息制限法という2つのものがあり、その両者に記載されている金利の上限に違いがあったのです。貸金業者は、金利が高い出資法を適用して利息を多く得ていましたが、後に法律が改正され、利息が利息制限法のものへ一本化されました。そのため、出資法の金利は無効となり、その差額が過払い金となったのです。この払い過ぎた利息を取り戻すものが過払い金請求なのです。ただ、注意する点としては、弁護士は必ずしも正しい人ばかりとは限らないということです。中には、回収した利息を着服するような悪徳弁護士もいるのです。

また、過払い金請求ができない場合もあります。時効が過ぎている場合がそうです。過払い金請求の時効は10年で、それを過ぎるといくら過払い金があっても、回収どころか請求さえできなくなってしまうのです。そして、貸金業者が倒産しているケースも考えられます。総量規制や過払い金の支払いなどで経営が成り立たなくなる業者が少なくはありません。当サイトは、こういった過払い金請求の問題に関しての、弁護士の無料相談について説明します。