テレビのCMなどで、よく耳にする過払い金請求ですが、お金が戻ってくるということでなにやら怪しいイメージもしますが、実は法に沿った正当な請求なのです。では、その過払い金ですが、そもそもどのような仕組みで発生したのでしょう。

元々、利息に関する法律には、出資法と利息制限法の2つがあり、しかもそれぞれに利息の上限が異なっていました。利息制限法では、金利の上限は借入額により15%から20%と定められています。しかし、出資法の上限金利はこれよりも高い29.2%となっています。つまり、2つの法律の間で大きな金利差が生じていることになるのです。ただ、出資法の上限金利を守っていれば、罰則がないため、貸金業者は高い出資法の金利を適用していたというわけです。

しかし、2006年に最高裁で出資法での金利を認めないという判決が下り、そして2010年には金利が利息制限法に統一されたのです。そのため、払い過ぎた利息を返してもらおうという動きが活発化してきたのです。そして、CMなどで盛んに流れているような、弁護士を通した過払い金請求がよく知られるようになったのです。過払い金請求は、払い過ぎたものを取り戻す正当な行為です。後ろめたいことはありません。心当たりのある人は、まずは弁護士の無料相談サービスを利用してみるといいでしょう。