貸金業者から借入をしていた、あるいは現在もしているという人は、弁護士の無料相談で過払い金請求ができるかどうかを確認する必要があります。これは、無駄に払った利息を取り戻すことですので、決して違法行為でもありませんし、後ろめたいことでもないのです。

ただ、過払い金請求をしても、利息を回収できない場合もあります。まずは、時効です。過払い金請求の時効は10年です。完済日から10年を超えると請求できなくなってしまいますので、注意が必要です。また、その貸金業者が倒産しているということもあります。倒産の原因としては、総量規制により、貸付額が年収の3分の1になったため、利息収入が激減したことが挙げられます。また、過払い金請求が増え、その支払いでお金がショートしてしまうということもあります。

過払い金が回収できないケースとして、借入をした貸金業者が違法業者という場合があります。違法業者は社名や住所、担当者の名前までも偽るため、請求どころかその業者に連絡すらつきません。違法業者からの借入には、過払い金が発生している可能性が高いにも関わらず、回収は見込めないのです。こういった過払い金の回収が可能なのか不可能なのかも含め、貸金業者から借入の心当たりがあれば、とにかく弁護士の無料相談を利用することをおすすめします。